11月 7, 2015

 潤いがあって透明感の溢れる肌は、誰から見ても素敵だと思われます。 いつまでも美しい肌でいたい方は多いですが、30代になると肌の衰えを感じる方がいます。 突然、シミが出てきたりニキビ跡が治らなくなったりすると、本当に落ち込みます。 メイクで隠せる肌トラブルなら良いけれど、厚化粧になるとあまり綺麗に見えません。 海老名の港区の美容クリニックでは、シミ治療にハイドロキノンを使用しています。 レーザー治療と違い、肌のダウンタイムがないので、お仕事中の方でも受けやすい治療法です。 ハイドロキノンと聞くと、聞いたことがないのでわからない方もいます。 先進国のアメリカでは、美白治療としてハイドロキノンを使用されているのです。 アメリカは、白白の肌の方が多いのでシミが出来やすく悩んでいる方がいます。 海老名の港区では、この治療法を利用してシミを目立たなくさせている方が多いです。 肌の漂白剤とも言われていますが、肝斑のようなシミから薄いシミまで消すことが出来ます。 個人差もありますが、半年から1年程使用を続けると、徐々に変化が出てきます。 使用中は、肌の奥のメラニンを表皮まで持ち上げて、古い角質と共に自然と剥がされていきます。 治療中は、紫外線の影響を受けやすくなります。 家にいる時でも、日焼け止めクリームやファンデーションを塗ることが大事です。 メイクは通常通り出来るので、周りの人にも気づかれません。 外出する時には、必ず日傘やサングラスを利用して肌を守りましょう。 マスクをした方が紫外線防止になりますので、秋から冬の時期に治療を受けることをお勧めします。 海老名の港区の美容クリニックで、ハイドロキノン治療をされている方は、効果に満足されている方がとても多いです。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme